はちのぼうの旅ぶろぐ

プロフィール

Author:はちのぼう
ようこそ!
静岡県に来てそろそろ4年。
ドライブ大好き中年女が休みの日にふらふらした日記です。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



やっぱり天才なんやな~蜷川実花展 in 静岡県立美術館

2017年3月14日。

静岡県立美術館へ蜷川実花展を見に行きました。
(住所:静岡県静岡市駿河区谷田53-2)
蜷川実花さんは現代日本を代表する写真家で、映画、ファッション、広告など様々な分野で活躍されています。
彼女の作品は「移ろいゆくものへの鋭敏な感性に支えられ、夢のように美しく鮮やかな色彩で創り上げられ世界(チラシより)」だそう。

話題の企画展が静岡に来てくれるなんて、ほんとにうれしい!
では、さっそく…
1_convert_20170324201231.jpg
チラシはこちら。
けっこう前から楽しみにしていました(^∇^)
_8002090.jpg

_8002094.jpg

_8002091.jpg

_8002106.jpg
なんと~ 写真が撮れる場所がありました!!
うわぁ、うれしい((^∀^*))

これは入ってすぐの部屋。
大きな空間にびっしり作品が並んでいて、一気に蜷川ワールドへ引き込まれます。
すべて個性が強い作品なのにお互い引き立て合っているようです。
_8002101.jpg

_8002099.jpg

_8002111.jpg

_8002114.jpg

_8002115.jpg
その隣は桜の部屋!
すごい~ すごい、しか言えない(ノ∇≦*)
マクロなものから全体を写したものまであり、おまけに満開の木の下に立って桜に包まれているような感じまで味わえちゃいます。
この部屋で桜のすべてが分かる感じ。
_8002121.jpg

_8002123.jpg

_8002126.jpg

_8002127.jpg
次の部屋は一転ダークトーン。
照明を落とした中に水辺の桜の写真が浮かび上がります。
同じ作者の手に寄るとは思えません。
いろんな世界を持ってはるんやな~

他にも花火や有名人のポートレートコーナーもあり、見応えありすぎ!
終始わくわくしながら見て回った蜷川実花展でした♪

イルミとお花のコラボがすごい!なばなの里

2017年3月13日④。

再び関ヶ原まで戻り、国道258で桑名を目指します。
今日はなばなの里でしめたいと思います(^-^)/
(住所:三重県桑名市長島町駒江270番地)
なばなの里はイルミネーションに特化した植物園です。
今の時期はイルミが春バージョンになり、しだれ梅や河津桜とともに楽しめるとのこと!
では、さっそく…
_8001952.jpg

_8001943.jpg
入園料はこの時期1番高く2300円でした。
でも、1000円のクーポン券が付いてくるので、食事やお土産がお得になります。

入ってするに待望の河津桜のトンネルが現れました!
うわぁ~ きれいo(≧ω≦)o
_8001950.jpg

_8002032.jpg
池の向こうにも河津桜がいっぱい。
_8001945.jpg
イルミネーションとのコラボが見れるのはここだけでしょうか?
_8001962.jpg

_8001963.jpg
おまけに、月が、月が出ていたんです!!
(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー
いい時にきた~
_8001976.jpg

_8001977.jpg
水上イルミネーション。
次々色が変わります。
_8001967.jpg

_8001971.jpg
対岸は梅。
写り込みがきれいo(^▽^)o
_8001982.jpg
白梅と河津桜。
_8001987.jpg
ルピナスと河津桜。
どこもお花でいっぱい!!
_8001989.jpg

_8001992.jpg
なばなの里といえばこれ!?
有名な光のトンネル。
_8002008.jpg

_8002009.jpg
トンネルの先のイルミ。
音楽に合わせて絵が変わります。
_8002016.jpg

_8002018.jpg
展望スペースから。
すごいね!ここだけで何万球の電球を使ってるんだろう?
_8002029.jpg _8002030.jpg

_8002021.jpg _8002023.jpg
その先は葉っぱの光のトンネル。
緑から赤に変わっていきます。

うっかりこれで帰ろうとしていましたが、しだれ梅園を思い出し戻ってきました。
危なかった(〃▽〃)
_8002055.jpg
そんなこんなで最後に見たしだれ梅。
こちらもちょうど満開!
_8002067.jpg
ライトアップがとてもいい感じ。
甘い香りに包まれて楽しい散策(* ´ ▽ ` *)
_8002071.jpg

_8002079.jpg
圧倒的な数。
通路はどこもトンネルに。

さて、もうすぐ21時だ!帰らないと。
ひとりで2時間くらいふらついていたようです。
どんどんやばい人になっていくな…

ということで、想像以上の光景に心が躍ったなばなの里でした♪

なつかしい湖北の風②彦根城

2017年3月13日③。

湖北の美しい光景に触れながらさざなみ街道を南下し、彦根にやって来ました。
ちらちら見え隠れする天守にひかれて彦根城へ。
(住所:滋賀県彦根市金亀町1-1)
彦根城は江戸時代初期に築城された譜代大名・井伊氏14代の居城です。
天守は国宝(国宝指定は5城のみ)、重文の建物は多数。
ゆるキャラブームの火付け役、ひこにゃん人気は今も健在です。
_8001829.jpg
佐和口多聞櫓を車で通り抜けて城内へ。

車を停め、表門から入ります。
なぜだか人だかりができています。
なんだろう??
_8001834.jpg
あっ!ひこにゃん!!
かわいいヽ(≧∀≦)ノ
そのひこにゃんが扉の向こうに消えていくところでした…
_8001836.jpg
バイバイしてくれてる。
ひこにゃん、5秒くらい見れました。
この後、チケット売り場のお姉さんに「残念でしたね~もう少し早く来ていれば。」と言われ恥ずかしかったです(*´_ゝ`)
_8001869.jpg
石段を上って天秤櫓へ。
有事の際は橋を落とせる造りだそうです。
_8001846.jpg
さらに上ると天守です!
関ヶ原合戦の後、徳川家康が豊臣秀頼をけん制するため築かせたものがそのまま残っています。
ひこにゃんのパネルと。
_8001848.jpg
手前に一本の梅の木がありました。
_8001850.jpg
正面から。
_8001852.jpg
斜めから。
ものすごく大きいわけではないのですが威厳があります。
_8001857.jpg
急な階段を上って最上階へ。
中はシンプルな造りです。
_8001860.jpg
天守からの眺めがこちら。
夕日に照らされる近江八幡方面、右は沖島。
よく竹生島に間違えられます…
_8001858.jpg
竹生島はこっち。
西の丸三重櫓と。
_8001863.jpg
伊吹山もうっすら見えました。
_8001867.jpg
玄宮園を見下ろして。

この後、天秤櫓まで戻り、今度は梅林へ下りてみました。
_8001873.jpg
この梅林には400本の梅があるそうですが、まだ全然咲いてなかった!
見頃は3月下旬とのことで、残念。
_8001888.jpg
遊歩道の隅(西の端っこ)の梅は咲いてたんだけどな~
_8001893.jpg
今度は楽々園へ。
ここは大老・井伊直弼が生まれた下屋敷です。
かつては10倍の規模があったそう。
玄関と紅梅を。
_8001900.jpg
お庭と御殿を。
今、修復工事中でした。
_8001910.jpg
隣りの大名庭園・玄宮園。
ここも工事中で水がほぼ抜かれていました。
なんとか残った所を。
_8001922.jpg
西日の玄宮園。
この辺で閉園前のアナウンスが流れ、もうそんな時間かとびっくり。
_8001927.jpg
修理が終わったらまた来てみたいと思いました。

湖北の景色は信州や東北に勝るとも劣らない優れたものです。
今日も気持ち良く散策できました(´ω`人)

なつかしい湖北の風①三島池&さざなみ街道

2017年3月13日②。

雨のいなべ梅林で次はどこに行こうか考え中。
この山(鈴鹿山脈)の向こうは滋賀県なんよな、そう思うと懐かしさがこみ上げてきました。
しょっちゅう琵琶湖をまわったな~、湖西には友達が住んどるな~、対岸に見える比叡山越えたら京都、そんで西山越えて丹波過ぎてまた山越えたら(遠っΣ(ω |||))うちの実家やん!
この壁(鈴鹿山脈)越えたら私の庭、私のふるさと関西地方。
ちょっと帰ってくるーー(=゚ω゚)ノ
最近仕事がしんどすぎて心が暗い私はノスタルジー求めて滋賀県へ逃げ込みました。

国道306は冬季通行止めなので、関ヶ原まわりで行きます
滋賀県は米原に入ると晴れてきて、伊吹山がくっきり!
これはじっくり見たい!!
伊吹山を見るとなるとここしか思いつきません、三島池へ。
(住所:滋賀県米原市池下)
_8001781.jpg

_8001749.jpg
伊吹山、かっこいい!!
標高は1,377mですが、雪をいただくその姿はまるでアルプスのよう(*≧∪≦)
風があり、逆さ伊吹は見れませんでしたが、ほれぼれしました。
_8001771.jpg
北側の花菖蒲が植えられている辺りでは逆さ伊吹が!!
周りがごちゃごちゃしていますが、それでもうれしい(」*´∇`)」
_8001755.jpg

_8001756.jpg
池畔の三島神社に参拝。
小さな神社ですが桧皮葺で品があります。

懐かしすぎてうるうるくる湖北の風景。
行く手に広がる田んぼを見るだけで感動しました。
琵琶湖を見たい、とりあえず湖岸を目指します。
工事渋滞の長浜市街を抜けて、さざなみ街道(県道8)へ。
_8001786.jpg
途中、前から気になっていたけど一度も行ったことがない長浜びわこ大仏へ。
なんかおるな~、とさざなみ街道を通る度に思っていました。
この大仏は良畴寺にあり、青銅製で高さ28m、平成6年にできた比較的新しいもののよう。
_8001784.jpg
良畴寺の本堂。
大仏に似合わず普通のお寺さん。
記念にご朱印もいただきました。
_8001790.jpg
良畴寺向かいの浜に出てみました。
琵琶湖は白かったです。
霞がかって、対岸の比良山も比叡山も見えませんでした。
でも、なんて穏やかな光景なんでしょう。
_8001807.jpg
ちょっと進むと道の駅があります。
そこからもまた琵琶湖を眺めました。
これは近江八幡方面。
左の木々がいい感じ(´ω`人)
_8001812.jpg
うっすら竹生島とその後ろに福井県境の白い山が。
_8001808.jpg
さっきの大仏も。
後ろは金糞岳かなぁ?
_8001813.jpg
琵琶湖らしい光景。
癒されます♪
_8001825.jpg
また移動して、さっき見えていた湖岸の木へ。
うわぁ(;゜0゜)
湖岸というか水の中に立っています。
_8001818.jpg
そこからは伊吹山も見えました。

のんびり、まったり進みます。
でも琵琶湖が気になってなかなか進めない…

このままラ・コリーナでお土産買って、実家に帰ってやろうかと思いましたが、二度と静岡に帰ってこれなくなりそうなので我慢することに。
彦根城が見えてきたので久々に寄ってみたいと思います。
続きます。

話題沸騰の梅林へ、いなべ梅林

2017年3月13日①。

今日は三重県へ
ずっと開花情報を気にしていたいなべ梅林がそろそろ見頃とのこと。
(住所:三重県いなべ市藤原町鼎3071番地)
ここは三重県北部、岐阜県との境にあるいなべ市農業公園の中にあり、100種類4,000本の梅が咲く東海エリア最大級の梅林です。

ここのハイライトは高台からの眺望。
まずはそこを目指すしかない!(=゚ω゚)ノ
_8001687.jpg

_8001742.jpg
どうです??
赤、ピンク、白の梅がおりなすこの絶景、ほんと心がときめきます!
最近寒い日が続き、思ったより咲いていないのが残念ですが、それでもうっとりしちゃいます(* ´ ▽ ` *)
_8001683.jpg

_8001746.jpg
きれいやわ~
が・・・
雨が降ってきました
うそ、今日の予報に雨マークなんてなかったのに…
_8001691.jpg
天気悪いけど、なんとか鈴鹿山脈も見ることができました。
青空の元見れる日を選んだつもりだったんだけどな。
でも、個人的にはどきどきする眺めでした( ^ω^ )
_8001668.jpg
こんな天気だからか人は少ないように思います。
昼頃着きましたが、駐車場もスムーズに入れましたもん。
こちらは梅林入ってすぐの所。
_8001718.jpg

_8001721.jpg
いなべ梅林、奥の方は収穫用の白梅がずらり!
こちらもなかなか圧巻です。
_8001722.jpg

_8001724.jpg
観光用の梅林もきれいだけど、こういう見せることを意図しない梅林も素敵ですね。
見頃は一週間後でしょうか?
_8001729.jpg
西側は削られたいかつい山が。
_8001732.jpg

_8001737.jpg
雨で消えゆく鈴鹿山脈。
なんとか見れて本当によかった(^∇^)

この後、ますます雨が強まり、傘の用意がない私は逃げ帰りました
あっ、でも売店でえぼし草餅さんの草餅と桜餅のセットは忘れず買いました!
なんでもこの辺りの名物だそう。
白餡の桜餅がおいしくて、また食べたい(*σ´Д`*)

とにかく、悪天が気にならない絶景を楽しめたいなべ梅林でした♪